Galleries Books Profile Essay Contact Facebook1 Facebook2

■ 2010年07月(バックナンバー)
 
 

  岡田邦明さんの写真展「ロマネスクの博物誌」が明日から開催です  (2010.7.27)


バロック喫茶「平均律」の写真仲間であり、我等が大先輩である岡田邦明さんの写真展「ロマネスクの博物誌」が明日から目黒区美術館区民ギャラリーで開催されます。

岡田邦明さんの序文から

ヨーロッパ中世、11〜12世紀、主にキリスト教の教会建築とそれに付随する絵画、彫刻、工芸品等を総称してロマネスク美術と呼んでいます。・・・ロマネスクの個性は、誰もが持っている、ある感覚や記憶のなかにあるのではないでしょうか。それは、長い歴史のなかで、緊迫した状況や、過酷な出来事を繰り返しながら、それでもなお、常に持ち続けることのできる、無垢で無防備な、生命への信頼感のようなもの。あるいは、そよぐ風や揺らぐ水、小さな花や空高く漂う雲のささやきを聞いた時の、喜びや楽しさのようなもの。・・・それらは、時と場所を隔て、東洋の端に住む今のわたしたちにも共感できるものだと思います・・・。

10年近くに渡ってヨーロッパ各地を巡り撮影された作品群のなかから、今回は100点のモノクロプリントを展示されます。たった5日間の催しですので、どうか皆様お見逃しなく!

会場:目黒区美術館 区民ギャラリー
会期:7月28日(水)−8月1日(日) 
   10:00〜18:00(最終日は15:00まで)


  「茶馬古道をゆく」写真展&イベント開催のお知らせ  (2010.7.24)

いよいよ夏も本格的な暑さを迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?今年後半期、「茶馬古道をゆく」写真展&イベントはまだまだ続きます!お忙しくお過ごしのことと思いますが、ご都合よろしければぜひお立ち寄りくださいませ。詳しい案内は追ってホームページでご案内させていただきます。

9月9日(木)―14日(火)
写真展「茶馬古道をゆく」を京都・ギャラリー古都(旧コンタックスサロン)にて開催いたします。

9月12日(日)
スライドトークショー&サイン会を開催いたします。
■13:00〜14:00 ■17:00〜18:00
定員各40名(当日先着順)・入場無料
http://gallerykoto.web.fc2.com/

淡交社ホームページでの案内
http://www.tankosha.co.jp/cgi-bin/bookdetail.cgi?pc=0000003653-000000

9月19日(日)―26日(日)
写真展「茶馬古道をゆく」を和歌山県国際交流センターにて開催いたします。
http://www.wak-kokusai.jp/sisetu/index.html

9月19日(日)
スライドトークショーを開催いたします。

10月28日(木)―10月31日(日)
静岡県で開催される世界お茶まつり2010の会場に写真展「茶馬古道をゆく」を出展いたします。期間中にスライド講演も行う予定です。
http://www.o-cha2010.jp

11月8日(月)―15日(月)
クラブツーリズム主催の「茶馬古道・撮影ツアー」に講師として同道いたします。また、ツアーに関する詳しい説明会を8月31日(火)に行う予定です。
お問い合わせ:03(5323)6669
http://www.club-t.com/index.htm?utm_id=RST01&waad=eYYpcTAL


  「無限大」No127の巻頭特集を飾りました  (2010.7.22)


日本アイビーエムの企業誌「無限大」No.127にて表紙&「躍進する中国・インド〜悠久の大地に生きる人々の姿を求めて」という巻頭特集(8ページ)を掲載して頂きました。グラフ誌が消えていくなか、このような特集を組んで下さる媒体と編集者の存在はとても力強く、励まされます。編集長の松野元子さんは、鋭い眼光の中にそれこそ無限大の編集者魂を感じさせる女性だ。そのご期待に十分に応えられたかどうか・・・、とにかくまずは感謝!


  JPS2010年新入会員展のお知らせ  (2010.7.20)


すっかりお知らせが遅くなってしまいましたが、今年入会したJPS(日本写真家協会)の新入会員展が東京・新宿御苑のアイデムフォトギャラリー「シリウス」にて開催中です。会期は明日までです。大阪・富士フォトサロンでは7月30日(金)〜8月5日(木)の開催予定です。明日近くまで来られる方がおられるようでしたら、また大阪方面の方はこれからですので、ぜひお立ち寄りくださいませ!


  エプタ47号<黄金と日本>が刊行されました  (2010.7.17)


ヒノキ化粧品の企業文化誌エプタの47号特集は「黄金と日本」です。天平時代に初めて金が発見されて以来、建築や絵画、蒔絵、陶芸、衣装などに用いられ、まばゆい黄金文化を花開かせた「黄金のジパング」の再発見を56ページの特集でお届けします。仏像彩色師の長谷川智彩氏、金彩友禅作家の和田光正氏の撮影を担当させていただきました。お求めの方はエプタ編集部までお問い合わせください。定価700円です。
tel 03-3350-7232
e-mail epta@m8.gyao.ne.jp


  地球の歩き方−上海・杭州・蘇州・水郷古鎮が発売になりました  (2010.7.13)


ダイヤモンドビッグ社から『地球の歩き方−上海・杭州・蘇州・水郷古鎮』が発売になりました。上海のホテルや杭州・蘇州の撮影を担当しました。お出かけの際には、ぜひご持参ください!



 
   バックナンバーリスト  
>>NEWS全体にもどる