Galleries Books Profile Essay Contact Facebook1 Facebook2

■ 2010年05月(バックナンバー)
 
 

  ありがとうございました  (2010.5.30)


中国茶館・無茶空茶での写真展および「茶馬古道〜見る・聴く・味わう」イベントは盛況のなか無事に終了いたしました。無茶空茶の館主・黄安希さんと初めてお会いしてから2年、ようやく夢を実現することができました。古民家を改装したシックな雰囲気の店内に「茶馬古道の旅」を生き生きと蘇らせることができたばかりでなく、イベントではスライドトークに続き、伊藤悟さんのフルス演奏、黄さんの優雅なお手前で振る舞われたプーアル茶の生茶、陳年熟茶、そしてバター茶の試飲を通して五感を使って「茶馬古道」を旅していただくことができたかと思います。2回に分けた予約席はどちらも満席。ご参加くださったお客様にとってあっという間の2時間半だったことと思います。

会場まで足をお運びくださった皆様、黄さん、伊藤さん、無茶空茶スタッフの皆様、そして始まりから終わりまでさまざまな出会いを取り持ってくださった中国語ジャーナルの名物ライターこと森貴代美さん、報道でお世話になった読売新聞、産経新聞の記者様、ラジオ番組おはようチャイナの橋詰優子さん、このたびは本当にありがとうございました。また、いつの日か、ひとまわりもふたまわりも大きくなって、無茶空茶館へ帰ってきたいと思います。

では、また会える日まで、再見!!


  中国茶館 無茶空茶・「茶馬古道」写真展&イベントのお知らせ  (2010.5.8)

大阪北浜にある中国茶館・無茶空茶での写真展「茶馬古道〜中国のティーロードを訪ねて」は5月20日(木)〜5月29日(土)の間です。お茶を飲みながらご自由にご覧くださいませ。
※20日(木)、22日(土)、29日(土)は私も会場に居ります。


22日(土)には「茶馬古道〜見る・聴く・味わう」というイベントを開催します。はるばるお茶が運ばれていった交易路「茶馬古道」の世界を、写真、音楽、中国茶を通して五感で感じていただくとても贅沢なイベントです。ご興味のある方は、ご予約のうえご参加ください。
見る〜茶馬古道をゆく スライドトーク 竹田武史
聴く〜雲南・森の響き フルスの演奏  伊藤悟
味わう〜茶の源流、茶と馬、塩の道へ  黄安希

会場:中国茶館「無茶空茶」
日時:5月22日(土) @12:00〜14:30 A17:00〜19:30(それぞれ先着30名様)
会費:¥3000
お申込み: 電話かメールにて
tel: 06−6361−6910
mail: muchakucha@nifty.com

アクセス 地下鉄/南森町駅から徒歩10分
      京阪・堺筋線/北浜駅から徒歩7分

お問い合わせ:03−6361−6910

http://www.muchakucha.net



 
   バックナンバーリスト  
>>NEWS全体にもどる