Galleries Books Profile Essay Contact Facebook1 Facebook2


シッダールタの旅

桃源郷の記
〜中国バーシャ村の人々との10年
新潮社 2015年11月発刊
四六版変形 191ページ
定価1800円+税
詳細は新潮社ホームページ


桃源郷の記〜中国バーシャ村の人々との10年

〜桃源郷はどこにある?〜

竹田は20代半ばにフリーランスの写真家として活動をスタートしました。今から思えば当初は、大陸の奥地に「桃源郷」を本気になって探し求める只々がむしゃらな駆け出しカメラマンでした。やがて中国は著しい経済成長を遂げ、隠れ里のような村にも変化の波がやってきました。山奥まで道路が伸び、電気や水道が普及し始めました。若者たちは現金収入を求めて出稼ぎに行くようになり、風物詩ともいえる賑やかな田植えや収穫風景はだんだんと見られなくなってきました。
これまでの旅もそうですが、ある答えを探し当てたときに旅が終わり、一つの世界が生まれます。今回は、古の詩人が想い描いた「桃源郷」の世界を、貴州省の山奥に暮らす苗(ミャオ)族の村に見出した竹田が、共に働き、飲み、歌い、恋をし・・・、十数年にわたる人々とのふれあいと、迫りくる近代化の波に翻弄される村の姿、そして家族の想いを通して、ある答えに辿り着くという内容。2001年から2014年まで、足かけ14年にわたるバーシャ村の人々との交流が生んだノンフィクション作品です。

安田菜津紀さんの推薦文 『波』(2015.12月号)より


 


シッダールタの旅

シッダールタの旅
新潮社 2013年4月発刊
B6判変形 208ページ
定価1,500円+税
詳細は新潮社ホームページ


シッダールタの旅

〜名作との出会いは人生にかけがえのない喜びと力を与えてくれる〜

ドイツの作家ヘルマン・ヘッセ(1877-1962)の名作『シッダールタ』は、ゴータマ・ブッダと同時代に生きたある求道者の生涯を描いた物語で、全世界で1000万人を魅了した大ベストセラーです。今回は、そんな『シッダールタ』に心酔する竹田が、単身インドに渡り、現地で買った中古バイクとともに、物語の舞台となった北インドの聖地、仏蹟を巡り、物語のイメージを写真で表現しようと試みました。古典小説のイメージトリップという、これまでにない写真の味わい方を提示する新しい本づくりができたと自負しています。
学生の頃にヘッセ作品と出会い、小説から随筆集まで貪るように読んだ時代がありました。なかでも『シッダールタ』はその後も特別な存在となり、片時も手放すことなく、日常の、あるいは旅の時々に何度も読み返しては心の糧としてきました。このたび、最愛の名作とこのようなかたちでコラボレーションできたことに深い喜びを感じています。竹田は、ヘッセの永遠のテーマであった「生きる意味」についてもっともっと思いを巡らせながら、これからも旅と写真を通して表現活動を続けてまいります。

姜尚中さんの推薦文 『波』(2013.5月号)より


 


淡交社 2010年4月発刊
A5 176ページ(カラー96P)
定価 2,400円+税
Amazonで購入する




茶馬古道の旅〜中国のティーロードを訪ねて

〜日本の文化だといわれるものが、じつは他の国からやってきたものであったりすることは意外に多いのではないだろうか。今回のテーマ「茶馬古道」は、世界の茶の原産地とされる中国・雲南の森で採れた茶を、馬やラバの背に積んでチベットまで運んだ古代交易の道です。長く険しいこの道を辿ることで、日本では日常茶飯となった茶の魅力を再発見してみようというのがこの旅の試みでした。
 「茶馬古道」の取材を進めるにあたって、竹田は、まず、雲南の森に「茶樹王」と呼ばれる茶の古木を探すことから始めました。巨大な瀑布が流れ落ちる絶壁を這うように登り、鬱蒼と茂る密林の中を何時間も歩き続けたその先に、樹齢2700年といわれる茶の古木は聳え立っていました。樹高20mを超える大木と向き合い、その荒々しい木肌にそっと手で触れてみた時、茶樹の持つ不思議な生命力を感じずにはいられませんでした。また、「茶は薬である」という中国の古い記録にも素直に頷くことができました。古代の人々が茶の木に抱いたであろう畏敬を、その時に感じたからです。
 雲南の森から始まる茶馬古道は、大理、麗江などの中継都市を経たのち、ヒマラヤから続く標高5000〜6000m級の山々を越え、いくつもの大河を横切りながらチベットを目指します。中国奥地の交易路で、茶はどのように姿を変えていくのでしょう・・・。2006年から2008年まで、延べ7か月間に及んだ旅の集大成です。

 



光村推古書院 2005年12月発刊
A5 カラー200ページ
定価 2,800円+税
Amazonで購入する

大長江〜アジアの原風景を求めて

〜大長江に龍を見た〜
中国大陸を6300キロにわたって滔々と流れるアジア最長の大河『長江』。その源流から河口までの姿を写真家・竹田が20代のすべてを捧げて追い続けためくるめく旅の集大成です。序文・梅原猛、寄稿・安田喜憲とプロジェクト時代にお世話になった両先生にも登場して頂きました。 2001年、「長江文明の探求」プロジェクト終了と同時に貴州大学に留学。中国語をマスターしたあと、古代稲作民族の末裔といわれる苗族の村々に通うかたわら、長江流域に旅を続けてきました。チベット高原の氷河に始まる源流、広大な草原でヤクを追いながら暮らす遊牧民、険しい山岳地帯に続く民族回廊、古来「天府の国」と呼ばれてきた四川省の豊かな暮らし、古代巴人たちが活躍した長江最大の難関・三峡、広大な棚田を耕して暮らす苗族の人々、明清時代の民居群が往時そのままの佇まいを見せる江西省の村々、そして豊かな水資源に恵まれた江南の水郷地帯・・・、長江流域に暮らすさまざまな民族たちが、長い歴史のなかで育んできた豊かな文化に魅せられながら、旅は驚きと感動の連続でした。 また、それらの風景は見知らぬ世界への単なる憧れだけではありません。訪れる者に、日本の、或いはアジアの原風景と出会ったような言い知れぬ懐かしさをもたらしてくれます。 旅を終えた今、アジアの各地に見られるさまざまな文化の源流のひとつが確かに長江流域にあるという確信を抱いています。 

 



新思索社 2004年8月発刊
A5 カラー240ページ
定価 3,500円+税
Amazonで購入する

長江文明の探究   

〜6000年の昔、中国・長江流域に稲作漁撈型の巨大文明があった〜 1997年から5年間に渡って行われた日中共同研究による文明探求プロジェクトの研究成果がまとめられた一冊。環境考古学者・安田喜憲先生の研究調査報告と、現地に何度も足を運ばれた哲学者・梅原猛先生との対談形式によって綴られ、共同研究によって明らかになった『稲作日本のルーツ』かもしれない長江文明の全貌が、200点以上のカラー写真によって紹介されています。 竹田は21歳のときに写真の師匠である井上隆雄先生のアシスタントとして現地視察に同行しました。そこで泥田が果てしなく続く中国の雄大な風景に魅せられ、帰国後、懇願してプロジェクトの一員に参画させてもらったのです。以来、記録カメラマンとして毎年のように安田喜憲先生の現地調査につき従い、長江流域の各地を巡りました。湖南省・城頭山遺跡を中心に行われた遺跡発掘調査の記録をしながら、長江流域の稲作起源・都市起源の遺跡を訪ね歩き、湖沼や森林で行われる自然調査にも同行しました。プロジェクト最終年には、研究成果によって明らかになりつつあった長江文明と西南中国に暮らす少数民族との関連性をビジュアルに記録するため、長江流域を単独で旅し、貴州省に暮らす苗族の集落などで住み込み取材を行いました。 2004年に出版されたこの本は純写真集ではないものの、カメラマンとしての原点となる一冊です。